似ている?会社面接とFX審査

会社の面接と同様FX会社に入る際も政党な審査が必要になります。 - FXの審査は色々と基準が異なっている

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    FXの審査は色々と基準が異なっている

    それは各FX会社で口座開設をするために入力をする、個人データの項目を見てもよく分かると思います。
    FX会社では確かに職業を選ぶ欄があります。そして現在の資産がどれぐらいなのかや収入がどれぐらいなのかを入力する欄などもあります。
    ですが私は今までFX会社で勤続年数の入力求めていたケースを見た事がありません。まあ会社の名前も入力する項目はあったように思いますが、さすがに勤続年数を入力する項目は見当たりませんでした。
    それが無いという事は、やはりクレジットとFXの審査は色々と基準が異なっているのだと思います。ちなみにクレジットの場合は居住年数なども見られるようですが、それもFXの口座開設の画面にはありません。
    したがってFX会社が審査の基準として見ているのは、決して勤続年数などでばない訳です。居住年数でもない訳です。むしろ年齢の方がはるかに重要だと思います。それと現在どれぐらいの資金を持っているかも重要だと思います。
    そして何より、リスクに対して理解ができているかも非常に重要だと思います。個人データを入力する画面では、かなりリスクに対してが強調されている一面が否めません。
    したがって口座開設ができなかった原因は、やはり勤続年数の問題ではないと思います。勤続年数よりもむしろ年齢や現在お持ちの資産や収入やリスクに対する理解のどれかかだと思います。FXの場合はクレジットとは違い、勤務先の情報などはあまり重要ではないだろうと私は思います。

    まだ登録されていません。

    早めにサイドバーの登録をお願いします。

    Copyright(C)2014 似ている?会社面接とFX審査 All Rights Reserved.